【おすすめのクローム拡張機能3つ】業務効率化間違いなし!web担ならまずはこれ使おう

クローム拡張機能使ってますか?

もしあなたが使っているブラウザがchrome(クローム)なら、拡張機能を使っていなきゃもったいない。クロームの拡張機能はブラウザに様々な便利な機能を付加できます。今回はweb担やwebマーケターの人にオススメの拡張機能を3つ紹介していきます。

クロームの拡張機能はchrome(クローム)のブラウザでしか使えません。web業界ではIE(インターネットエクスプローラー)よりchrome(クローム)のほうが主流ですので、もしchrome(クローム)使ったことがない人がいればこの機会にインストールしてみてくださいね。

拡張機能の使い方はカンタン

まずクロームwebストアで気になる拡張機能を検索。

LINEの拡張機能の画面

気になる拡張機能が見つかったら、右上の青いボタン「Chromeに追加」をクリックします。

そうするとLINEの拡張機能を利用するにあたって、必要な権限をリクエストされますので確認し、追加を行ってください。権限を渡すことになるのでご自身が取り扱っている情報や、拡張機能自体の信頼性などは自己判断していきましょう。

無事追加が完了するとブラウザの右上に拡張機能のアイコンが追加されますので、これで完了です。

web担にオススメの拡張機能3つ!

なんとなく拡張機能が便利そうなことが伝わったところで、わたしが実際ヘビロテしている拡張機能を紹介していきます。

Awesome Screenshot(スクショ)

まずはスクショの拡張機能であるAwesome Screenshotです。スクショならmacやwindowsでもカンタンにとれるじゃん!と思いますよね。もちろん年々便利なってますし、わたしも普通に使います。ただ、個人的にこれを使うオススメポイントが3つほどありますので紹介していきますね。

オススメポイント

1.ページ全体のスクショが撮れる

天下の任天堂のページで。

ワイヤーフレームを作る時や、CVR改善のための仮説出し、SEO分析するためにサイト内の要素の洗い出しなど多々サイトの情報を一気に俯瞰して見たいときってありませんか?

そんな時はAwesome Screenshotの「Capture entire page」という機能で丸っとスクショがとれます。

2.タイマー機能

地味にあって嬉しい「タイマー機能」。ホバーしないと出てこないデザインや、一定条件をクリアしないといけない挙動をスクショに収めるのって難しいですよね。

タイマー機能があれば、シャッターを押した3秒後に撮影されるのでバッチリ撮れます!

3.簡易編集機能

スクショ撮ってそのまま人に共有したいときに、どこをみて欲しいのか、何を伝えたいのかくらいであればさくっと編集できちゃいます。スクショ撮影後に自動で編集画面に切り替わるので、修正したい部分をテキストで申し送りしたり、注目して欲しい部分を四角で囲ったりとさくっと編集できちゃうのが便利。

Color Piker(カラースポイト)

次はカラースポイトの拡張機能であるColor Pickerの紹介です。資料作成するときに会社のブランドカラーを知りたかったり、サイトの実装が指定した色とあっているのか確認したいときに便利です。

オススメポイント

1.web上から直接カラーをスポイトできる

画面真ん中上部にスポイトされた色が反映されてます

「グーグルスライドの資料に会社のブランドカラーをアクセントに使いたい」

と思うことってちょいちょいないですか?会社のブランドカラーじゃなくても、似たようなサイトのいいなと思った色味だったり。web上のページに使われている色が知りたいときってありますよね。Color Pikerはオンラインのページのものをそのまま色をスポイトできるのでとても便利です。

2.CMYK、RGB、16進数で表示される

色のデータをCMYKとRGB、16進数すべてで出してくれるのでPhotoshopからグーグルスプレッドシート、エクセルなどどんなツールでも色を再現できるところも強み。

Similar web(分析ツール)

similar web自体はSEOなどをかじったことがある人は聞いたことがあるのではないでしょうか?有名なサイト分析ツールですよね。そんな分析ツールが出す、拡張機能について紹介します。

オススメポイント

1.アクセスボリュームがわかる

普通、グーグルアナリティクスの権限がないと見れないサイトのPV数。これがざっくりですが他社サイトでも見れちゃうんです。月単位でのサイトPV数が表示されるので、競合サイト調査にめちゃめちゃ役に立ちます。

ただ、数字は少しずれているのでざっくり規模をつかむ指標にしてみてくださいね。

2.流入元比率が分かる

アクセスボリューム以外にも流入元比率まで分かってしまうんです。最近のSEOアプデで自然(search)流入だけではなく、SNSや他の流入経路もしっかり確保しましょうねという趣旨のアプデがありましたよね。

今後、流入元や比率などが大事な指標になってくる時代ですので、ぜひチェックしてみてください。

最後に

今回はおすすめのクローム拡張機能を3つ紹介しました。便利な機能がたくさんあるので、作業や雑務はどんどん効率化していけるように使いこなしていきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。マーケティングのオススメ記事は他にもあるのでチェックお願いしますー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です