26歳女性のわたしが後悔したこと&やっておいて良かったこと10選

26歳の仲間&これから26歳になるあなたへ

26歳って、高校入学が10年前だったりアラサーの入り口だったり社会人4〜5年目で転職を考えたり、付き合っている彼との結婚や同棲を考えたり、結婚を考えられるお相手を探したりと本当に忙しいお年頃ですよね。

わたしは早生まれの26歳なので、同級生は27歳になりはじめた人が増えてきました。毎週末のように結婚式に列席して、友達と遊ぶときは友達の子どもも一緒にいます。

今まで中学・高校・大学とライフステージ一緒に歩んで、悩みを共有・共感しあっていた友達たちも徐々に意見が合わなくなって来ます。26歳は色々な意見や価値観が聞けていい反面、わたしの人生は本当にこれでいいのかな?何を大切にいきていけばいいんだろう?と考える機会が増えました。

今回は26歳までにやっておけば良かったと後悔したことと、やっておいて良かったなと思うことを紹介していきます。(完全に個人の主観ですが。)

26歳のあなたは共感、これから26歳になるあなたは参考にしてみてくださいね。

26歳までにやっとけば良かっと後悔したこと5選

1.運転免許を取得する

わたしは自動運転が流行って、免許とるのが簡単になるはず!と信じて学生時代に免許をとりませんでした・・・

車の運転が必要になることはほとんどないのですが、写真付き身分証明書が必要になる機会が増えてるように感じます。

  • 引っ越し
  • 転職
  • 結婚

など人生の転機には必ず身分証明書が必要な手続きが多いのです。

いまさら免許合宿で一ヶ月休むわけにもいかないし、平日に通う余裕もなければ土日は楽しいことがしたい。(最後はただのわがままだけど)

マイナンバーカードや住基カードなどでも代用できるようなので発行しに行こうと思って早半年。

学生のときに仲良しの友達と楽しくとりにいけば良かったと後悔しました。

2.海外生活・海外留学

これも学生時代にやり残したものですね。将来を考えて、本当に日本で暮らしていくのかそれとも海外にいくのか。この選択って人生を変えることなので、海外生活経験があればよかったなと後悔しています。

とりあえずは海外旅行で経験を積んでるところ。

3.友人関係の整理

これは早急にやることをおすすめします。学生時代はコミュニティでいかにうまく生きていくかということにエネルギーを注いでいました。その結果、苦手だな〜と感じる子とも当時はプリクラとかに「一生仲良し!」みたいなことを書いて、仲良しごっこをしていました。

そうすると26歳あたりから呼ばれた結婚式で同じ席になったり、はたまたその本人の結婚式にお呼ばれするわけです。さらに、二次会幹事や出し物をお願いされてしまうのです。

お祝儀の3万円がもったいなく感じる罪悪感や、人の一生に一度しかないようなイベントのお手伝いをするときに嫌だなぁと感じながらやる申し訳なさ。

早めに縁を切っておけばよかったと後悔しました。

4.趣味でコミュニティを作る

切る縁があれば、作る縁もあり。社会人になって、職場の同僚か昔の友人しか会わなくなると、視野が狭くなって病みます。(経験談)

世界がちっちゃくなって大したことないことで悩んじゃいます。

「あー、上司に嫌われたらどうしよう」

「みんな彼氏できて、一緒に遊び歩いてくれない」

とかね。26歳、仕事に余裕が出てきたあたりで趣味をつくってみては?

5.運動する習慣を作る

一番後悔しているのはこれ。社会人になってタクシーに乗るクセがついてしまったり(都内は初乗り400円とかだから余計にね)、土日に昼から飲むことを至福と感じちゃうんです。

26歳になって

「健康診断、再検査だったので半休もらいます」

ってめちゃ見かけるんです。26歳までに健康的な習慣を身に付けることをおすすめします。(なにより太るよ!!!代謝が低すぎて!!)

26歳までにやっといて良かっとと思うこと5選

1.実家の断捨離

まずはこれ。わたしは新卒で入った会社が実家の近くだったので、友達とシェアハウスしていましたがちょくちょく実家に顔を出していました。

何より感じるのは親の老い。

両親が50歳を超えたあたりから、廊下が荷物だらけで狭くて歩きにくい、お風呂がカビだらけ、本棚がほこりだらけという状態になっていました。

本当であれば子どもが自立して家を出ているので、むしろきれいになってても良いはずなのに。

両親の体力も落ち始めて大きな家具を処分する元気がなく、長く家に住んでいることでものが多くなっていることに気がつかないのです。

実家に帰ってはゴミ袋5〜10個分のゴミをひたすら捨てました。手始めに自分の子供部屋、廊下、リビングと1年以上かけて掃除しました。最初の頃は、掃除しても掃除しても次に顔だした時には元どおり。両親も非協力的でした。

廊下を掃除しだして、いままでよっこいせと足を持ち上げ体の向きも変えないと通れなかったところがスムーズに通れるようになったあたりから急に協力的になりました。

それからは実家に顔を出すたびにどんどん家がきれいになっていきました。

ぜひ実家の掃除は取り組んでみてくださいね。

2.ひとり旅

みなさんはひとり旅をしたことがありますか?わたしはひとりで47都道府県制覇したくらいにはひとり旅の達人(自称)です。

「ひとり旅ってなにが楽しいの?」

「さみしくない?」

と聞かれることも多々。もうこれは個人の好き好きですがわたしは楽しいしさみしくはないですね。で、なぜこれがおすすめなのかといいますと、

  • 段取り力
  • おじさんおばさんと話すスキル
  • 会話のネタ集め
  • 自問自答の時間

ざっとこんくらいおすすめポイントがあります!

段取り力を磨いて仕事に昇華

旅行にいくときって場所を決めたり、目的を決めますよね?そのあとは、交通手段や宿などを選んでいきます。値段、季節、目的、人気度、アクセスの良さ、本当にたくさんのことを上手に組んでいく必要があるんです。

「何からどう決めていく」これを整理できる人は仕事もできる。間違いない。

おじさんとおばさんを攻略する

社会に出て40〜50代の人と関わると、どうしたらいいのか分からないときってありますよね。わたしは同年代と後輩と関わるのは得意でしたが先輩や年上の人と話すのは抵抗がありました。失礼にならないだろうか、そもそも何を話したらいいのだろうか、など考えて言葉がでてこないときがありました。

ひとり旅をすると飲み屋のおじさんと流れで飲んだり、宿のおばちゃんがたくさんご当地情報を教えてくれたり交流することがたくさんあります。

徐々にどんなことを話せばいいのかとか、ノリみたいなのが掴めた気がします。

3.転職

わたしは3年目の冬に転職をしました。わたしが働いているIT業界は4〜5年目で中堅の役割を担います。リーダーだったりマネージャ、新規事業の立ち上げなどいろいろなチャンスが舞い込んできます。

  • 古株が多い、社風が安定志向でチャンスが少ない
  • 尊敬できる人がいない
  • 若い人の活躍をよく思っていない人が多い

この項目に当てはまったらチャンスを掴める可能性も、そのチャンス成功にもっていく確率も低いのです。

もっとお金を稼ぎたい、チャレンジしたいと思っているのであれば転職を考えてみてください。26歳以下であれば第二新卒として未経験の業界や職種でもまだまだチャレンジできます!

4.一人暮らし

実家暮らしを否定しているわけではないのですが、親の元から出て一人で暮らしていくというのは子どもから大人になる上で経験と感情、性格に影響を与えるラストチャンスだと思います。

親に感謝はもちろんするんですが、自分ひとりでも暮らしていけることに自信を持てました。

5.恋愛の失敗経験と成功経験

結婚を考える歳になると重要になってくるこの経験。わたしは「本当にこの人でいいのだろうか。もっと好きになれる人がいるかもしれない」と迷わないためにも経験は必要だったなぁと思います。

26歳女性のあるある5選

この記事を書いてて話したくなっちゃったので!発表していきまーす!

1.安い酒より旨い酒

学生時代、新人時代はおいしくて安い居酒屋を探していたはず。いつの間にか食べログ3.5超えを第一基準に値段はさておき美味しいものや会員制などの非日常空間を探し始めます。

お金が新人時代よりあるのはもちろんですが、接待や会食でいいお店を知るようになりプライベートでも利用しはじめます。

もう、本当にいくらあっても足りない。

2.とりあえずプロテイン

美味しくて高いものを食べるようになった反面、太るのでとりあえずプロテイン。タンパク質豊富で髪の毛や爪にもいいらしい。プロテインだけじゃ痩せないんだけどね!気休めにね!

3.彼氏自慢マウンティング

みんな結婚を意識した相手となると、スペックにこだわりだす。どこの企業で、将来幹部候補で、すごく尽くしてくれて・・・話している内容は学生時代と変わらないはずなのにマウンティング感がすごいしきっと優越感をもって話しているなというのは伝わってる。(ひがんでないよ!)

4.占いにハマる

だいたい飲みはこの話しから始まる。

「新宿で有名な手相占い行ってきたんだけど、わたし今年はなにやってもうまくいかないらしい」

「横浜でタロット占いしたんだけど、今の彼とは今年中に結婚しないと来年から運気がさがるらしい」

なるほどなるほど。ちなみにわたしは占いをまったくしないタイプ。(おみくじはめっちゃする。)

自分に迷走する時ってだいたい第三者視点や、統計学、心理学に基づいたものが流行るような気がします。思春期の中学時代は心理テスト、高校時代は診断テスト。26歳は占い。

5.最近◯◯が流行ってるらしよ。

タピオカにチーズホットク、韓国ファッションやコスメ。高校〜大学生の間で流行ってるものが半年くらい遅れて流行るようになりました。

新しいことや新しいものに関心が少なくなり始めてるのか、流行にアンテナを張っている友達のSNSで流行を知ることもしばしば。

気が付いたら若者の流行をネタにお酒を飲むお年頃になってました・・・

最後に

26歳になって社会に求められること、親に求められること、友だちと話すこと、恋人に求めること、会社に求めること、たくさん考えの変化がありました。悩んでいる人がいたらぜひ参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です