使い分けできてる?拡張子JPG・PNG・GIFの特徴と違いについて

そもそも拡張子って?

拡張子はパソコンで作業しているとよく見かける、ファイル名の末尾についているアルファベットのことです。たとえば「hogehoge.pdf」の「.pdf」の部分、「himitsudayo.pptx」の「.pptx」の部分です。

ファイル名の変更しても必ずこれってくっついてきますよね。拡張子がある理由としては、

拡張子(かくちょうし、英語: filename extension)とは、ファイルの種類を識別するためにファイルの名前(ファイル名)の末尾につけられる文字列。ファイル名の本体と拡張子は “.”(ピリオド、ドット)で区切られ、拡張子はアルファベット数字の組み合わせで、歴史的には3文字以内が好まれたが、それ以上の場合もある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E5%AD%90

とのことです。

つまり、拡張子見ればどんなファイルか検討がつくわけです。「pdf」なら資料だな〜とか、「.pptx」ならパワポのデータだなとか。他にも、音声や動画を表すもの、デザインデータを表すものなど本当にたくさんの拡張子が存在しています。

画像を表す拡張子

で、今回の本題。JPG、PNG、GIFは画像を表す拡張子です。同じ画像なのになんで3つも拡張子があるの?ややこしいし一個でよくない?と思いますよね。

わたしもよく思ってます。なので、気分でPNGで書き出してみたり、JPGで書き出してみたり。

ただ、今回調べてみたら拡張子ごとに結構違いがあるなと思ったのでまとめてみました。参考になれば幸いです。

JPG・PNG・GIF形式の違いとは?

では早速違いをみていきましょう。

JPG(JPEG)PNGGIF
読み方ジェイペグピングジフ・ギフ
拡張子.jpg(.jpeg).png.gif
ファイルタイプpng-8(画像荒め)
png-24(画像きれい)
png-32(透過つかうならこれ)
透明色できないできる(半透明も可能)できる(半透明は不可)
ファイルサイズ(容量)軽い重い軽い
保存形式非可逆圧縮
(画像劣化あり)
可逆圧縮
(画像劣化なし)
可逆圧縮
(画像劣化なし)
アニメーションできないできるできる

まず大きな違いは「透明色」。背景を透過したい場合はpngかgifでしか対応できません。

ほかにもファイルサイズや保存形式に違いがあるので適した拡張子をピックしていきましょう。

どうやって使い分ければよい?

違いがわかったところで使い分けについて紹介していきます。

JPGにおすすめの使用シーン

JPGはグラデーションや写真などの画像に向いている拡張子です。その反面、文字や輪郭がはっきりしているものには向きません。

またJPGは非可逆圧縮なので、写真の高画質データを編集し再度JPGで書き出したときに画質が落ち、その落ちた画質を再び元に戻すことはできません。ただ、ファイルサイズがとても小さくなる特徴があります。

PNGにおすすめの使用シーン

PNGはアイコンやイラストなど輪郭のはっきりしている画像に向いている拡張子です。透明色を使用しても高画質のまま保てるのが特徴です。その反面、高画質のためファイルサイズはこの3つのなかで一番大きくなります。

GIFにおすすめの使用シーン

GIFはアニメーションを作るときにおすすめです。アニメーションと言ってもYouTubeなどにあげる動画ではなく、instagramなどのストーリ機能でGIFアニメーションのような短くで画像サイズも小さいものが適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です