うどん巡り一泊二日で堪能する

この記事にたどりついたあなたはきっと、

「車の免許ないけど一泊二日で死ぬほどうどんを食べたい」

「香川県の交通情報とかよくわらんけど、とりあえず讃岐うどんが食べたい」

「とにかく効率よく、間違いないうどん屋をめぐりたい」

と、ちょっと度を抜いたうどん好きですね。かくいうわたしもうどん大好きです。

ただ、あまり観光としてはイメージがない香川県ということもあり、うどん満喫プランをたてにくかったので、うどん好きの参考になればと書き残しておきます。

早わかりマップ

高松市から丸亀市までの距離

さっそくですが香川県の全貌を掴みましょう。讃岐うどんといえば丸亀というイメージがありますが、丸亀と空港などアクセスのよい高松市は結構離れてます。電車で1時間くらい。ちなみにさぬき市は画像右側の青丸。

正直、丸亀がうどんの本場ならそっちをメインに回ろうかと思ったんですが、県庁所在地でもない地方の丸亀市を車ナシで正直まわれる気がしない・・・なので高松一択で巡ることにしました。

今回私たちが巡ったコースはこちら!主に徒歩、一部シェアサイクル(自転車)を利用して巡りました。

補足 シェアサイクルって?

シェアサイクルというのはほぼレンタルサイクルと変わらないサービスです。ただ、レンタルサイクルと違う点は15分単位で借りれる&貸出・返却場所が町中に豊富にあります。ちょこっとした移動に便利で、東京はもちろん福岡などの大きめな地方都市や今回訪れた高松市もシェアサイクルが町中に導入されていました。ぜひ気になった方は利用してみては?

1泊二日の怒涛うどんプラン

では、さっそくお店の紹介をしていきます!

1軒目 さか枝うどん 南新町店

ヤドンコラボしてた・・・!かわいい・・・!

1日目、朝9時過ぎに市内のホテルに到着。そのあと、まだシャッターが締まった大きな商店街をのんびり歩きながら向かったのは「さか枝うどん 南新町店」。読み方は「さかえだ」です。本店も市内にあるようですが、宿泊予定のホテルから近かったのでこちらでまず一杯目を!

店内はかなり広く、4〜6人がけのテーブルやカウンタータイプの席がたくさんありました。平日の朝ということもあってかガラガラでした。

セルフタイプのうどん屋なので、おぼんを持って並びます。

ヤドンとコラボのお揚げがあって悩んだんですが割高だったのでやめました・・・

ネギ・ごま・七味・天かすなどは無料。コーヒーも無料でした。

天ぷらも一つ一つがかなり大きいサイズで、値段は東京より安い・・・天国なの?

私はかけうどん、彼は釜玉を食べてお店を後にしました。

2軒目 手打十段 うどんバカ一代

さか枝うどん(南新町店)から歩いて15〜20分くらいのところにあるこちらのお店。ブラウザで「香川県 うどん」とかで検索すると、かなり上位にでてくるので店名を見たことがある人は多いかもしれません。

ここはバター釜玉という商品の発祥と言われていて、お店の人気メニューだそうです。

天ぷらみたいな意識高い遊具でカロリー消費

さか枝からバカ一代に向かう道中に、だれもいない公園で少し運動。対してカロリーを消費できずにバカ一代に到着。到着したのがお昼時ということもあり少し並んで入店。

入店してみると、地元の高校生や若い女性の旅行グループ、近所で働いている現場仕事のおじさんたち、といろいろな客層の人がいました。また、店内には有名人のサイン色紙が所狭しと飾られておりすごい迫力でした。

で、ここもセルフ式なのでおぼんを持って並びます。薬味などはスプーン1杯20円と有料で、天ぷらなどをとるエリアより前に置かれていました。ちょっとだけ不便かな。

わたしはお目当てのバター釜玉、彼は日の丸(梅干しととろろ)にしました。写真撮る頃にはバター溶けてなくなっちゃったんですがとても美味しかったです。

3軒目手打ちうどん五右衛門

3軒目は締めのカレーうどん!おや・・・?2軒目食べたのはお昼で、急に締め?と、お思いですよね。そうなんです、2軒目終わったところで信じられないくらいお腹がいっぱいで。いや、2杯食べてるんだからそりゃそうなんだけど、大好きなうどんだし無限に食べれると思ってたからショック。自分を過信してた、、、

日本のウユニ塩湖こと父母ヶ浜でパシャり

ということで2軒目の後、お腹すかせるために日本のウユニ塩湖と呼ばれる父母ヶ浜へ。きれいな写真をおさめました。

そして夕方ごろに高松に戻り、これまた香川の名物グルメ骨付鳥が食べれる居酒屋を2軒はしご。その中で出会った地元の人に

「締めといえばカレーうどん!五右衛門のカレーうどん食べたらハマるで!」

と教えてもらったのでてくてく向かいました。(がっつり繁華街の中にあったので夜に家族で向かうのはちょっとおススメしないです。)

オススメを教えてくれた地元のおっちゃんたち!ありがとう〜!

うどんは量が減らせる(50円引き)ということで少し減らしてもらいました。 わたしはカレーうどん(和風)、彼は黒カレーうどん(洋風)をチョイス。

しっかり辛い!おかげでほろ酔いが冷めていい締めでした。

4軒目 讃岐うどん 上原屋本店

2日目の朝。ホテルの近くでシェアサイクルを借りて栗林公園へ。高松はかなり道が整備されていて、ずーーーっとまっすぐ自転車こいで15分くらいで栗林公園の近くに到着。

本当は公園を散歩してからうどんを食べる予定だったけど、たった15分のサイクリングでお腹が空いたので先にうどんを食べることに。笑

入店し、セルフ式なので列に並びます。

天ぷらなどはスタンダードから変わり種まで。私たちはタコ、ちくわ、高野豆腐をチョイス。

どこにやり方書いてないので茹でる時間とかも適当に

そしてかけうどんの場合は、自分で最後温める?茹でます。熱湯の中にうどんをドボン。

はなまるうどんとかもこのタイプですよね

出汁が出てくる蛇口を引いて好きな量いれます。わーい

えげつない角度ですんません

薬味や天かすは無料でした!

かけうどんとざるうどんを注文しました。ざるうどんは最後にうどんが入ってた器に残ってる茹で汁をつけ汁にいれて割るとめちゃ美味しかった!店内は広い方なんですが、次から次へと人が入ってくる人気店なのでお昼時だと少し並んでいました。

5軒目 しんぺいうどん

そして旅の最後のうどんはこちら。栗林公園から徒歩で10分から15分くらいの商店街の中にあるお洒落なお店。

そそられる〜〜〜〜〜!

ラストオーダー14時半直前に入ったので特に並ばず、すぐ案内してもらえました。店内は1人用のカウンター席、テーブル席、奥に小上がり席があり。一人でもカップルでも家族でも大丈夫なお店だと思います。

坦々うどんとかも美味しそうだった・・・

ここは香川では珍しくセルフ式ではなくオーダー式でした。

わたしはお店イチオシのとり天うどんと生卵、彼はしっぽくうどんとこれまたお店イチオシの半熟玉子天。とり天はジューシーで柔らかく、うどんのお出汁がとんでもなく美味しかったです。

瓶ビールはASAHIとサッポロが選べました

そして無事シェアサイクリングも返却したので瓶ビールで乾杯。

ネギなどの薬味はみあたらず。天かすは各席についていて無料でした!

最後に

かなりうどん屋について事前に調べて行ったんですが、実際には意外にも調べてないところにも飛び込んでて。というのも、めちゃめちゃうどん屋ある。無計画で行っても結構な数のうどん屋まわれる素晴らしい地方都市でした。

全国のうどん好き(免許ナシ)のみなさんの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です