【真冬のオーロラ鑑賞】イエローナイフへの実際持っていった持ち物とあった方がいい物リスト

真冬のオーロラ鑑賞は命がけ

2019年12月27〜31日にカナダのイエローナイフでオーロラを見てきました。この時期のイエローナイフは言うまでもなくめちゃめちゃ寒い。連日-20度以下。特に寒い日は-30度まで下がりました。

レンタルでコートとか借りるし大丈夫でしょ!

と思っていた自分をぶん殴り雪に沈めたいくらいに、持っていくものが大事=命を守るものなのでぜひ参考になれば幸いです。ちなみに「年末でお店とかやってなかったらどうしよう・・・」といろいろと不安だったのですが、カナダは年末年始は普通にお店やってました。ただクリスマスはどこもやっていないので注意。日本のクリスマスと年明けが逆になった感じですね。

(現地の人に話聞いた感じ、レンタルするようなガチのコートは観光客くらいしか着ないらしい。真冬の真夜中に森の奥までオーロラを見にいく観光客とは違い、現地の人は以外にも普通のダウンで日常を過ごしていました。)

油断しがち!雪上アクティビティも凍える寒さ

ちなみに本当に顔が凍りついてしまうんではないかと不安になるほど寒かったのは、昼間の雪上アクティビティの時でした。

犬ぞりやスノーモービル、魚釣りなどは基本的に凍った湖の上で行います。これが本当に寒い。昼間だからといってオーロラ鑑賞より薄着でいくのはおすすめしません。むしろさらに着込んだ方がいいです。

実際に持っていった持ち物リスト

ではわたしが実際に持っていたものを紹介します。

まずは防寒具

  • ヒートテック超極暖 1枚
  • ヒートテック極暖 2枚
  • ヒートテック超極暖タイツ 1枚
  • ふつうの厚手タイツ 1枚
  • 分厚い靴下 1枚
  • ニット 2着
  • マフラー 1つ
  • スマホ対応手袋 1組
  • 貼るカイロ 10枚
  • 貼らないカイロ 10枚
  • 靴下用カイロ 5組

上半身はヒートテックは2枚がさねの上にお腹のあたりに貼るカイロ、さらにニット1枚着てその上にレンタルのダウンを着ていました。お腹周りは寒いな〜と感じることはほぼなかったのでヒートテック2枚重ねがよかったのかも?

手袋もレンタルで借りれるのですがめちゃめちゃ暖かい代償にスマホ触るどころかなにもできない状態になります。なので、スマホ対応の五本指タイプの手袋があると便利ですよー。

マフラーはスヌードやネックウォーマーのほうがよいと思います。マフラーの役割は首を温めることではなく顔を覆うことです。普通に呼吸すると空気が冷たすぎて呼吸しにくかったり、スノーモービルに乗っていると顔が凍っていくのがわかります。なので、顔、少なくとも口元までしっかり覆えるタイプの防寒具があると良いです!

カイロはめちゃ役に立ったのですが帰りの飛行機に乗る時の保安所チェックで引っかかっている日本人が多かったです。大量のカイロを飛行機に持ち込むことはできないようなので帰りの飛行機乗る時は預ける荷物の方にいれておくことをオススメします。

暇つぶし系

オーロラをキャビンは圏外です。やることもないので暇つぶしを持っていくことを推奨します。わたしが持っていってよかったものは

  • ipad(お絵かきアプリ、オフラインでもできるゲームや映画)
  • 現地で調達したお菓子

カメラ系

カメラは氷点下10度まで動作が保証されている「osmo action」というアクションカメラを購入したのですがカナダに持ってくるのを忘れてしまいました・・・

氷点下ということで、カメラ動くのか・壊れないのかと悩んだのですが壊れている人は周りにいなかったです。

周りの観光客はgopro7や8、MAXを使っている人が多い印象。一眼も使っている人いました。ほぼ外に出しっぱなしにしてましたね。

その他

その他持っていたものは

  • SIMカード(これは必須!!!)
  • 延長コード(活躍してた!)
  • パックご飯
  • チキンラーメン 3食
  • インスタント味噌汁
  • カップラーメン
  • ハンガー
  • 洗濯用ジェルボール
  • 洗濯用ネット
  • コンタクト
  • メガネ
  • シャンプー・リンス・ボディーソープ
  • タオル
  • メイク落とし・メイクアイテム
  • リップクリーム
  • オールインワン化粧水
  • NIVEA
  • 折り畳み傘
  • エコバック
  • ビニール袋

カナダのオススメポイントを聞かれたら必ず言うと思うのは「コンセントのタイプが一緒!」。変換器は必要なしで快適でした!

NIVEAやリップクリームなどは必須。とっても乾燥しているのでこまめに塗らないと唇がひび割れてくる。また、寝るときに濡れタオルを室内に干したり、水を入れたコップをベッドサイドに置いておくのがオススメです。

カナダのお店はレジ袋を持参している人が多いので持っていくと良いですよ。

持っていった方がいいと思ったもの

ここからは個人的に持っていけばよかったものを上げていきます。なくてもなんとか生きて帰ってこれてます。

  • ゴーグル(犬ぞりやる人はとくに)
  • ニット帽
  • 耳あて
  • フルフェイスマスク(いわゆる目出し帽。エアビーのホストに貸してもらったけどめちゃ暖かい…)
  • トランプ(キャビン暇すぎ)
  • ビタミン剤(日照時間少ないのでビタミン不足になる)

逆になくても良いもの

メイク用品

寒くて化粧する余裕がないのも、もちろん女子力低い理由としてある。女子力高めな理由としてはイエローナイフのドラックストア(Shoppers)とかにメイベリンニューヨークとかロレアルパリのカナダ限定色とか売っている。現地調達するのもありだな〜と思う。

折りたたみ傘

よくよく考えたら雨降らんわ。

ぜひオ荷造りの参考にしてもらえれば幸いです!みなさん、オーロラ見れますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です