【Amazon在庫ファイル一括データの作り方】画像の登録・上書き・削除する方法

Amazoの画像登録方法

「Amazonに出店し、一旦商品登録も終わって出品も完了!ページに人が集まっているけどもっと売りたい!」そんなときは商品画像を複数枚登録することをおすすめします。今回は商品画像の追加の仕方と上書き更新のやり方とデータの作り方について紹介していきます。

一点ずつ更新する方法

商品数が少ない場合は1点ずつアップロードしても良いと思います。やり方は簡単。


STEP.1
在庫管理画面
Amazon seller csntralにログインし、ダッシュボードから在庫へカーソルをあてると在庫管理という選択肢がでてくるので移動する

STEP.2
追加・修正したいアイテムを探す
追加・修正したいアイテムを検索機能などを使って見つけ、画面の右端にある詳細の編集をクリックします

STEP.3
詳細編集画面
詳細編集画面で画像のタブへ移動します。

STEP.4
画像を登録
画面左上の画像のは商品画像1枚目(白抜き)を登録するエリアです。2枚目以降の画像は画面下部にあるので追加・修正していきましょう

このように登録・更新することができます。

一括で更新する方法

そんな手作業でやってたら日が暮れちゃうよ!って方は在庫ファイル一括アップロードで仕留めましょ。

在庫ファイル一括アップロードというのはエクセルなどで作ったデータを使って複数の商品を一括で登録・編集ができる機能です。こちらも使い方は簡単です!


STEP.1
一括画面へ
Amazon  seller centralへログインし在庫>アップロードによる一括商品登録をクリックする

STEP.2
サンプルをDL
在庫ファイルをアップロードのタブで、ファイルをダウンロードしデータを作成します。ダウンロードファイル形式に関しては後述します

STEP.3
テストアップロード
作ったデータを在庫ファイルのアップロードタブでアップロードします。この時、まずは手順1のファイルチェックをしてください。これはファイルにエラーがないか確認する機能です。(※1)

STEP.4
本番アップロード
テストで問題なければ手順2でデータをアップロードしてください。
※1
もしあなたが作ったファイルに一部エラーがあることに気がつかずアップロードしてしまうと、エラーがでた商品以外は送ったデータで登録されていきます。つまり今どの商品の画像データがうまくいってて、どれがうまくいっていないかエラーが重なってくるとわけわからなくなるからです。

こんな感じで一括登録をすることができます。

一括ファイルデータのフォーマット

画像を登録する方法が2種類あることがわかったところで、在庫ファイル一括登録のデータの作り方も紹介していきます。

まずはじめにアップロードするためのサンプルデータをダウンロードしないといけません。更新するときも登録するときも同じデータが使えます。

STEP.1
DL画面へ
Amazon seller centralから在庫>アップロードによる一括商品登録> 在庫ファイルをダウンロードに移動します。
STEP.2
出品する商品の分類を選択する
検索バーに商品に関連するワードを打ち込みます。今回アップロードする商品のカテゴリがさまざまであれば複数選択しましょう。わたしはめんどくさいので全部追加ボタンを押します。
STEP.3
テンプレートの種類を選択する
モードは「カスタム」で、画像の項目を追加し右下のテンプレートを作成をクリック。

これでサンプルデータの作成は完了です。このデータを元に登録・更新データを作成していきます。

FBAの場合の登録・上書きのデータ作成

ではいよいよサンプルデータにデータを流し込んでいきましょう。Amazonの2枚目以降の画像データは登録するときも上書きするときも同じ作り方です。


STEP.1
必須項目を入力
データをエクセルなどで開き、「テンプレート」のタブへ。左から順に埋めていきます。FBAの場合、「在庫数」は空欄でOKです。

STEP.2
画像のURLをいれる

画像のURLを入れていきます。上書き更新の場合注意が必要で、ここに記載があるものに画像データがまるっと入れ替わるので変更しない画像のデータについても引き続き記載してください。

STEP.3
出品者情報をいれる
そして出品者情報で「Amazon_JP」を選択。

STEP.4
保存してアップロード
Amazon seller centralに戻ってデータをアップロードしてください

これで画像の登録は完了です。おつかれさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です