DtoCってなに?メーカーが自力で売る力をつける時代

DtoCってなに?

DtoCとは?

DtoC(ディー トゥ シー)とは、

Direct to Consumer

つまりメーカーなどの作り手が直接消費者に商品を売るビジネスモデルのことを指します。

メーカーなどの作り手が中間業者を挟まず直接消費者にものを売る手段としてネットショップ(EC)がよく使われています。

今までと何がちがうの?

今までメーカーなどの製品・商品を作る技術や環境を持っている企業は、商社や問屋などからOEMなど注文をもらって商品を作り納品していました。

その後問屋や商社を通して小売店に商品が流通し、そのさきでやっと消費者に届きます。

中間業者を挟むと必然的にコストがかさんでしまうことも。

DtoCは中間業者をすべて取っ払って、直接消費者に商品を届けられるのでさまざまなサービスを提供することができるようになります。

DtoCのメリット

DtoCのメリットとはどんなことか。先ほど少し記載しましたが、中間コストがかからないので適正価格で高品質な商品を消費者に届けることができます。

また、今まで問屋や商社から注文を受けて作っていいたためメーカーのことまでは知らないことが一般的でした。どんなに高品質に作ってもメーカーにファンがつきにくかったのですが、直接消費者に商品を届けることでファンを育てることができます。

さらにファンを身近に感じることができるので商品開発がしやすく、必要があればサブスクや定期販売などビジネスモデルも柔軟に対応していくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です